タグ: 水回り工事費

水回り設備のリフォームはポーンと費用がかかるもの?

一戸建て住宅であるマイホームをリフォームした時の率直な感想としては、「リフォームって意外と高っ!」ということですね。まあ、リフォームした場所にもよるとは思うのですが。

壁紙の張替えリフォームでしたら、全室壁紙の張替えリフォームをしても10万円以下におさまっているとは思うのです。けれども水回り設備のリフォームとなりますと、10万円以下におさめるなんて滅多にできないことでしょう。

水回り設備のなかでは比較的低価格な部類のトイレや洗面台設備にしましても、10万円前後といったところですから。中古の水回り設備を活用しない限りは、やっぱり水回り設備のリフォームとなりますと、ポンと二桁万円はいってしまいますね。

その辺の知識は聞いていたりはしたのですが、しかしいざ「リフォームの見積もり」を提示されますと、やっぱりショックは大きいですよ。ある程度覚悟はしていたとは言いますけれど、やっぱりポーンと数十万円がとんでいってしまうのは、「気軽なリフォーム」ではありませんからね。

キッチンリフォームなんてしましたら、100万円がポーンととんでいくわけですからね。バスルームのリフォームはキッチンほどではないにしても、やはり安いとは言えない費用ですから。

ですからリフォームにて水回り設備を入れ替える際はある程度費用の覚悟はしておいた方がいいでしょう。心の準備は大事ですから。

あと、一軒家を建てる場合のハウスメーカーがアピールする坪単価にも騙されないように注意した方がいいですよ。

ローコストハウスメーカーだと坪単価30万年で1000万円以内で家が建つとアピールしているところがありますが、実際はそんな値段で建てることはほぼ不可能です。

よほど狭い家とか質を落とすとかすればできるのでしょうが、一般的な延べ床面積30坪〜40坪くらいの家を建てようとすると外構工事とか坪単価に含まれないものがどんどん上乗せされていって、結局大手ハウスメーカーとそれほど変わらないということもよくあります。

ハウスメーカーの営業マンは不誠実な人が多いというイメージがどうしても強いですね。

ハウスメーカーの営業マンの言う事を鵜呑みにしないように注意しましょう。