月別: 2017年2月

長年苦しんでいた偏頭痛をサプリで改善出来ました。

今日は不動産情報とは関係無いけど、人間にとって最も大切な健康のことについて書きたいと思います。

私は中学生ぐらいからずっと片頭痛に悩まされてきました。

今の私の年齢は44歳なので、かれこれ30年来の付き合いです。

痛みの度合いは年々悪化し、現在私の片頭痛は一度発症すると自然治癒はほぼ無理ってところまできました。

20代半ばぐらいから痛みの度合いが増し、この時は市販の頭痛薬を飲むか一晩寝るかで治りました。

2.3時間程度の仮眠だと頭痛は治らないんですが、6.7時間寝たらこの頃は治りました。

しかし35歳ぐらいから現在までの偏頭痛は寝ても治らないんです。

頭痛を感じながら寝れたとしても、朝起きたら頭がガンガンするんですよね。

寝てる間も片頭痛は進行し、ズキィーンズキィーンと響くように痛むほどになってるんです。

そのまま仕事にいけるわけもなく、結局頭痛薬を飲んでから出勤してました。

私なりに片頭痛発症の度に頭痛薬を飲むのは体に良くないと思って耐えて寝ても、結局翌朝飲むんです。

ハッキリ言って我慢しただけ損ですよね。

この辺りから開き直り、片頭痛の初期症状が出てきたな(肩が重い・首がだるい・微妙に頭が痛い等)と感じたら、さっさと頭痛薬を飲んで片頭痛を起こさないようにしました。

その代わり、枕元・車・職場・カバンの中って感じで、いつでも頭痛薬を飲めるように至る所に頭痛薬を配置しました。

40歳を超えると片頭痛の頻度が増し、週数回飲むぐらいになったんです。

さすがに頭痛の元となるものをなんとかしないとダメだ、このまま頭痛薬を飲み続けて薬に慣れてしまって効かなくなったらどうしようと考えるようになりました。

そこで色々試してみたのですが、効果のあったのが頭痛サプリ(ズキラック)です。

頭痛薬は痛みが発症してから飲むものですが、これは痛みに関係なく毎日飲むものです。

毎日飲んで痛みを発症しない体にしていく働きがあるようなんです。

効果を感じるのに三週間ほど私は感じました。

正直最初の1.2週間は変化なしです。

三週間目から痛みの度合いが減り、もしかして頭痛薬無しでも耐えられるんじゃないか?って思うようになりました。

一ヶ月飲みきった時に一度頭痛薬を飲まずに片頭痛を放置してみたんです。
痛みはあります。

しかし以前のようにズキィーンズキィーンってほどじゃなく、痛みでイライラするけど耐えられないほどじゃないんです。

飲み続けることで痛み発症の割合も月数回程度まで減りました。

完全に片頭痛0とまではいきませんが、頭痛サプリにはほんと助かってます。

家づくりのスタートは土地探しから

初めまして。私はマイホーム業界での実務経験が豊富な広田と申します。

私が住宅建築に関する業界で仕事をしていた事もあって、友達から家を建てる相談をよくされます。

家を建てる時に相談されることで最も多いのが、どの会社に頼めばいいのか教えて欲しいということです。

テレビCMや住宅展示場で見かけるような大手のハウスメーカー、ローコストをウリにしているローコスト住宅メーカー、昔から付き合いのある近所の工務店、おしゃれで独創的な間取りやインテリアがウリの建築事務所など。

世の中には家を建てることを仕事にしている会社がたくさんあります。

でも、家を建てた経験なんてほとんどの人が全くありません。

だから、どこが信用できる会社なのかというのが分からないくて悩んでいるんですね。

マイホーム業界で長年働いてきた私の経験からすると、この業界は本当にピンからキリまでさまざまな業者が蠢いています。

中には本当に詐欺師と呼べるような悪徳業者まで混ざっています。そういうところで建てた家は当然欠陥住宅であることが多く、長持ちせずに建て替える必要が出てきますので、施主は悲惨な結果になります。

そういう事にならないために、私が知っている範囲のことをお伝えできればと思って、このブログを始めました。

まず、今日は最初に少しだけ家づくりについて書きたいと思います。

家づくりをする時に一番最初にすることはなんでしょうか?

家作りはこの最初のスタートの段階で他の買い物とは根本的に違います。

家作りをしようと思えば必ず土地が必要になります。

そして、自分が欲しいと思う土地というのはなかなか見つけることができません。

家を建てようと思って土地を探し始めても自分の条件にぴったり合った土地というのはすぐには見つかりません。

家、土地などの不動産以外の物の場合、欲しいと思う物があればお金さえ用意すればだいたいすぐに見つかりますよね。

でも、マイホーム建築はそういうわけにはいきません。

建ぺい率、容積率などの建築基準法による様々な建築制限がありますし、そもそも、自分が欲しいと思っている場所に空いている土地がない可能性もあります。

もし、あなたがマイホームを建てようと考えているのであれば、今の段階から土地探しをすることをお勧めします。

土地探しは早ければ早い方がいいです。

自分が建てたい家の広さや間取りを決めて、その家が建てられる土地を探し始めることが何より大切です。

今回はご挨拶と家づくりには土地探しが必要というお話をしました。

時間を見つけて記事を追加していく予定ですので、楽しみにしておいてください。