wwdc2018

WWDC2018について。

今年のWWDC 2018は、新しいiPadとか、MacBookなどが発売されるという噂だったけれども、開始早々ティム・クックが登場して、今年はハードウェアの発表はないと言うことを宣言した。

新しいiPadとかMacBookを期待してた人は最初からがっくりとさせられたと思うけれども、なんだかんだ言って最後まで見た感想としては、いろいろなソフトウェアが正当にかつ革新的に進化を遂げているなと感じた。

私も個人的には、Face ID搭載のベゼルレスiPadの登場を期待してたし、もし発表されれば、足買うつもりだった。

というのも、私はiPhoneとiPadの中毒とも言えるくらい、ほぼ24時間常に肌身離さず持っていて、必ずどちらかを手にして、何か操作をしているという完全に病気のような状態なのです。

iPhoneに関しては、Kindleで本を読んだりSafariとかのブラウザで情報収集したり、ジムに行って筋トレをしながら音楽を聴いたり、トレッドミルで走りながらAmazon Prime Videoでアメリカのドラマを見たり、主にコンテンツを承継するための端末として使っている。

だからiPhoneは持っていなくても仕事には直接支障をきたさないアイテムとも言える。

でも、iPhoneがなければ多分自分の人生は本当につまらないものになると思う。iPhoneのおかげで自分の人生は以前で比べてかなり時間を有効活用して楽しむことができていると思う。

iPadに関しては、仕事にも使う教え、勉強でも使うし、もうなければ生きていけないと言うレベルのアイテムになっている。

カバンには常にiPad入れているし、カバンがない時でも常に小脇に抱えてうろうろしているという状態だ。

iPadにスマートキーボードとApple Pencilをつけて、それを持ち歩けば里スマートキーボードを開いてApple Pencilを取り出して本当にいつでもどこでも仕事ができる状態になる。

また最高のデジタル教科書、デジタルノートとしても使えるし、スプリットビューを使えば、何かを参照しながら論文などを書いたりすることもできるし、マジで最高のガジェットだ。

新しいiPadが発表されなかったのは残念だけども、おそらく今年中には新型iPadが発売されるからそれまで気長に待とうと思う。

多分iOS 12のリリースがされる秋ごろに同時に発表されるのではないかと思う。

今年のWWDC 2,018は、一見地味に見えるけど、アップルの安定感をこれ見よがしに見せ付けられたイベントだったと思う。

当分の間はiPhone、iPadのiOSの牙城は誰でも崩さないように思う。

Apple Payに対応しているクレジットカードも増えているしね。私はポイント還元率が高いYahoo!Japanカード(ヤフーカード)をメインに使っています。

最近は、どこでもApple Payで支払う事ができるようになってきているので、本当にキャッシュレスの世界はすぐそこまできていると思います。

水回り設備のリフォームはポーンと費用がかかるもの?

一戸建て住宅であるマイホームをリフォームした時の率直な感想としては、「リフォームって意外と高っ!」ということですね。まあ、リフォームした場所にもよるとは思うのですが。

壁紙の張替えリフォームでしたら、全室壁紙の張替えリフォームをしても10万円以下におさまっているとは思うのです。けれども水回り設備のリフォームとなりますと、10万円以下におさめるなんて滅多にできないことでしょう。

水回り設備のなかでは比較的低価格な部類のトイレや洗面台設備にしましても、10万円前後といったところですから。中古の水回り設備を活用しない限りは、やっぱり水回り設備のリフォームとなりますと、ポンと二桁万円はいってしまいますね。

その辺の知識は聞いていたりはしたのですが、しかしいざ「リフォームの見積もり」を提示されますと、やっぱりショックは大きいですよ。ある程度覚悟はしていたとは言いますけれど、やっぱりポーンと数十万円がとんでいってしまうのは、「気軽なリフォーム」ではありませんからね。

キッチンリフォームなんてしましたら、100万円がポーンととんでいくわけですからね。バスルームのリフォームはキッチンほどではないにしても、やはり安いとは言えない費用ですから。

ですからリフォームにて水回り設備を入れ替える際はある程度費用の覚悟はしておいた方がいいでしょう。心の準備は大事ですから。

あと、一軒家を建てる場合のハウスメーカーがアピールする坪単価にも騙されないように注意した方がいいですよ。

ローコストハウスメーカーだと坪単価30万年で1000万円以内で家が建つとアピールしているところがありますが、実際はそんな値段で建てることはほぼ不可能です。

よほど狭い家とか質を落とすとかすればできるのでしょうが、一般的な延べ床面積30坪〜40坪くらいの家を建てようとすると外構工事とか坪単価に含まれないものがどんどん上乗せされていって、結局大手ハウスメーカーとそれほど変わらないということもよくあります。

ハウスメーカーの営業マンは不誠実な人が多いというイメージがどうしても強いですね。

ハウスメーカーの営業マンの言う事を鵜呑みにしないように注意しましょう。

やっぱり別々にしてよかった!

義両親と、一緒に住むことになってしまい二世帯住宅を新しく建て生活を スタートしてからそれなりに日数が経過してようやくなれてきた私。

特に二世帯住宅をリフォームではなく新築で建設する際に、入り口のドアだけではなく キッチンやお風呂を別々にするか・一緒にするかでかなりてこずった話し合いをしたのですが、 やっぱり最終的に別々に建設して本当によかったなと思っています。

本当は全て別々にした完全分離の二世帯住宅が良かったんですけどね。

元々私は一緒でもいいかなと思っていたクチだったのですが、旦那の方が後々を考えて別々の方がいいと言い放ってくれたので、別々になることになったのですが、やっぱり別々にして正解だったようです。

お陰でキッチンも二世帯住宅ではなく普通の家族単位で以前生活していたように使うことができますし、 お風呂も同様。

もしこれが一緒だった時のことを考えると、片付け方はもちろんのこと洗剤の種類など とにかくあれこれ問題が浮上していたかもしれません。

あ、あと重要なのが冷蔵庫の中身とかもね・・・。

こうやって後から考えると、本当に別々を突き通してくれた旦那に感謝でいっぱいです。

因みに友達には普通は逆じゃない?なんていわれたりもしましたが(笑)。

そんな風に言っている友達は、私のむしろ逆で、二世帯住宅を建てた際にキッチンやお風呂を別々にしたいと旦那にもいったにもかかわらず、逆に一緒にしろということを言われ一緒にせざるをえなかったクチ。

お陰で細かいことをあげたらきりがないほど、気を使うだけではなくちょっとしたトラブルが日々絶えないのだそうです。

人それぞれもちろんどっちがいいとかどうしたらいいとかは合う・合わないによって違いがあるとはおもうのですが、やっぱり二世帯住宅を建てる際には、嫁側である私はもちろんのこと旦那や二世帯住宅として一緒に住むことになる両親や義両親、みんながしっかりと納得のできる形で家を建設するということは大前提でとても大切なことなんだなと実感した峡この頃です。

家族が落ち着ける場所を探して

25歳で結婚するまでは、20歳から一人暮らしをしてワンルームに住んでいました。結婚後は職場に近いアパートを借りて、転職をするまでの約7年間その場所で暮らしました。

転職後の不安から、家賃が安いアパートに引越しをして、それから36歳の時に現在住んでいる持家を注文住宅として実家の土地に建てさせてもらいました。転職する前に出来た子供と、転職後に出来た子供の4人で新居に引越しをしましたが、マイホームの計画中に子供ができたので、現在は5人で今の家に住んでいます。 転職直後は経済的は不安などで周囲が持家をする中、自分はそれに飛び込むことができませんでしたが、転職前の貯蓄やら双方の親からの援助もあり、転職3年後に持家の決心をすることができました。

アパートに住んでいる期間と、家賃を考えると、もっと早く持家を決めてもよかったと今では思いますが、その時は将来の家族構成や転職をすることなど到底想像もできていなかったですし、利便性がよいアパートに住んでしまうと、そこから抜けることを考えなくなってしまっていた自分もありました。 しかし、アパートは自分のものでではないので、月々の家賃を考えると賃貸に住み続けるということは自分や家族の為ではないかと思います。

賃貸から賃貸に引越した私たちは、持家に引越しするわけでもないので、引越し作業にうんざりしながら前日まで作業に追われていたこともあったので、持家に引越しする時は、もう引越しすることがないから頑張れると夫婦で楽しく引越し作業ができました。その気持ちは今でも忘れられなく、やはり前日まで作業が続きましたが疲れは感じていなかったと思います。 引越し前も、家電製品や家具などを新調するために、休みの度に家族でお店を回ることも妻にとってはストレスの発散でもあったと思いますし、多かった喧嘩も持ち家を決めてからは少なくなった気がします。

マイホームは地元の工務店に任せ、注文住宅として家の間取りやデザインを妻が主導で考えました。

ちなみに家を建てるのに工務店にするか大手のハウスメーカーにするかなどを調べるのにハウスメーカーの選び方というホームページが非常に参考になり役立ちました。ハウスメーカーの選び方で悩んでいる人はぜひ一度ご覧になってください。

これ→ハウスメーカーの選び方

計画中に家族が増えることになり、出産が引越しに近い時期になってしまったのですが、打合せに没頭していた妻は妊娠をしているのを忘れているような感じでした。 新築後は、親戚の方がいろいろなお祝いを準備してくれて、引越し後の1年間は長期休暇がくる毎にささやかな新築パーティーで盛り上がりましたし、新築後3年経ったいまでも、近所の友達をバーベキューをやったりして賃貸でお庭がなければできないことを今では楽しんでいます。

賃貸と違って家賃はありませんが、当然に住宅ローンも借りているので、その支払いと固定資産税という税金を毎年支払う必要があります。住宅ローンは賞与払いありではなく、毎月払いのみにしているので、賞与と併用の支払いよりも毎月の支払いが上がりますが、賞与時は貯金や他のものに使うことができるので、あえて毎月のみの支払にしました。今ではその方が持家だからといって贅沢はできないので、アパートで暮らしている以上に節約を考えながら暮らすことができています。

持家をして本当によかったと思えることは、仕事が終わって家に帰ると家族が自分の家で待っていることです。

今までは、借りている家で待っていてくれていたことが今では、自分の家にいるということが大きな違いだと思います。自分の家が家族を守っていてくれていることが大きな幸せでもあり、親としての誇りを感じてしまいます。

夏にはお庭に草が多く生えるので、家族全員で草を抜いたり、お花を買って種から育てたり、果物の木を記念樹として植えて秋に収穫したりと今の家にずっと住んでいくんだなと思うと毎日が楽しくてしょうがないですし、この家がずっと家族を見守ってくれるんだと思うと、大切にしていかないといけないなと改めて思います。

長年苦しんでいた偏頭痛をサプリで改善出来ました。

今日は不動産情報とは関係無いけど、人間にとって最も大切な健康のことについて書きたいと思います。

私は中学生ぐらいからずっと片頭痛に悩まされてきました。

今の私の年齢は44歳なので、かれこれ30年来の付き合いです。

痛みの度合いは年々悪化し、現在私の片頭痛は一度発症すると自然治癒はほぼ無理ってところまできました。

20代半ばぐらいから痛みの度合いが増し、この時は市販の頭痛薬を飲むか一晩寝るかで治りました。

2.3時間程度の仮眠だと頭痛は治らないんですが、6.7時間寝たらこの頃は治りました。

しかし35歳ぐらいから現在までの偏頭痛は寝ても治らないんです。

頭痛を感じながら寝れたとしても、朝起きたら頭がガンガンするんですよね。

寝てる間も片頭痛は進行し、ズキィーンズキィーンと響くように痛むほどになってるんです。

そのまま仕事にいけるわけもなく、結局頭痛薬を飲んでから出勤してました。

私なりに片頭痛発症の度に頭痛薬を飲むのは体に良くないと思って耐えて寝ても、結局翌朝飲むんです。

ハッキリ言って我慢しただけ損ですよね。

この辺りから開き直り、片頭痛の初期症状が出てきたな(肩が重い・首がだるい・微妙に頭が痛い等)と感じたら、さっさと頭痛薬を飲んで片頭痛を起こさないようにしました。

その代わり、枕元・車・職場・カバンの中って感じで、いつでも頭痛薬を飲めるように至る所に頭痛薬を配置しました。

40歳を超えると片頭痛の頻度が増し、週数回飲むぐらいになったんです。

さすがに頭痛の元となるものをなんとかしないとダメだ、このまま頭痛薬を飲み続けて薬に慣れてしまって効かなくなったらどうしようと考えるようになりました。

そこで色々試してみたのですが、効果のあったのが頭痛サプリ(ズキラック)です。

頭痛薬は痛みが発症してから飲むものですが、これは痛みに関係なく毎日飲むものです。

毎日飲んで痛みを発症しない体にしていく働きがあるようなんです。

効果を感じるのに三週間ほど私は感じました。

正直最初の1.2週間は変化なしです。

三週間目から痛みの度合いが減り、もしかして頭痛薬無しでも耐えられるんじゃないか?って思うようになりました。

一ヶ月飲みきった時に一度頭痛薬を飲まずに片頭痛を放置してみたんです。
痛みはあります。

しかし以前のようにズキィーンズキィーンってほどじゃなく、痛みでイライラするけど耐えられないほどじゃないんです。

飲み続けることで痛み発症の割合も月数回程度まで減りました。

完全に片頭痛0とまではいきませんが、頭痛サプリにはほんと助かってます。

家づくりのスタートは土地探しから

初めまして。私はマイホーム業界での実務経験が豊富な広田と申します。

私が住宅建築に関する業界で仕事をしていた事もあって、友達から家を建てる相談をよくされます。

家を建てる時に相談されることで最も多いのが、どの会社に頼めばいいのか教えて欲しいということです。

テレビCMや住宅展示場で見かけるような大手のハウスメーカー、ローコストをウリにしているローコスト住宅メーカー、昔から付き合いのある近所の工務店、おしゃれで独創的な間取りやインテリアがウリの建築事務所など。

世の中には家を建てることを仕事にしている会社がたくさんあります。

でも、家を建てた経験なんてほとんどの人が全くありません。

だから、どこが信用できる会社なのかというのが分からないくて悩んでいるんですね。

マイホーム業界で長年働いてきた私の経験からすると、この業界は本当にピンからキリまでさまざまな業者が蠢いています。

中には本当に詐欺師と呼べるような悪徳業者まで混ざっています。そういうところで建てた家は当然欠陥住宅であることが多く、長持ちせずに建て替える必要が出てきますので、施主は悲惨な結果になります。

そういう事にならないために、私が知っている範囲のことをお伝えできればと思って、このブログを始めました。

まず、今日は最初に少しだけ家づくりについて書きたいと思います。

家づくりをする時に一番最初にすることはなんでしょうか?

家作りはこの最初のスタートの段階で他の買い物とは根本的に違います。

家作りをしようと思えば必ず土地が必要になります。

そして、自分が欲しいと思う土地というのはなかなか見つけることができません。

家を建てようと思って土地を探し始めても自分の条件にぴったり合った土地というのはすぐには見つかりません。

家、土地などの不動産以外の物の場合、欲しいと思う物があればお金さえ用意すればだいたいすぐに見つかりますよね。

でも、マイホーム建築はそういうわけにはいきません。

建ぺい率、容積率などの建築基準法による様々な建築制限がありますし、そもそも、自分が欲しいと思っている場所に空いている土地がない可能性もあります。

もし、あなたがマイホームを建てようと考えているのであれば、今の段階から土地探しをすることをお勧めします。

土地探しは早ければ早い方がいいです。

自分が建てたい家の広さや間取りを決めて、その家が建てられる土地を探し始めることが何より大切です。

今回はご挨拶と家づくりには土地探しが必要というお話をしました。

時間を見つけて記事を追加していく予定ですので、楽しみにしておいてください。